スポンサーサイト

--.--.-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

噫無情

2014.04.30 Wed 02:10

高校時代の友人が内定を貰ったそうで。
就活終えたらしいです。お疲れ様。


なんか不本意ながらの就職らしいけども、
きっといつかここに入ってよかったと思える時がくるよ。


頑張って。



俺はもちろんまだです。
いろいろ考え始めたら止まりません。



いつもシャワー浴びながらいろんなことを考えているんだけども、
今日考えていたのは公務員のこと。


なんで公務員は安定しているのか
なんで減給などという話が尽きないのか
なんで税金泥棒といわるのか



まずは、公務員が安定していることに対する考察。



どんな職業においても、リストラの恐怖に怯え、低賃金で、毎日の生活も苦しい人が
十分な仕事ができるとは思えない。むしろ実力以下の仕事しかできないだろう。

もしも、公務員がそういう現状だったならばどうなるだろうか。
もちろん自治体・国は十分に機能しない。

そうあってはいけないから、自治体・国をきちんと機能させるために、それに従事する職員自身が
毎日着るもの着て、食べるもの食べて、ちゃんと寝て、そして心身共に健康な状態で働かなければならない。

つまり、公務員の生活を安定させるのは、決して公務員のためではなく、自治体とそこに住む人達のためである。




つぎに、減給の必要性


個人的に言うならば、公務員の減給は必要ないと思っている。むしろ上げるべきではないか。
給料というのは便利なもので、下げればやる気も落ちるし、上げればやる気もあがる(場合もある)。
確実に言えるのは下げたらやる気は落ちるというところではないだろうか。

給料を下げると公務員自身の生活に響く。生活に響くというのは前述したように、
自治体の運営に支障をきたす可能性がある、ということに繋がる。

自分の生活をまともに送れない人間が、人の為に仕事をするというのは到底不可能な話ではないだろうか。

人員削減も同じではないだろうか。
人員削減するとたしかに目に見えるコストは減るが、確実に一人当たりの業務量は多くなり、運営の効率は悪くなる。

コストはカットできても、効率が悪くなれば運営がうまくいかなくなるのでは?
そういったことを考慮すると、必ずしも自治体の人件費等のコストカットは適切な行為とは言えないと考えてる。

むしろ上げるべきなのではとも思う。
公務員は見本となる存在でなければならない、そういった面で公務員こそ給料を上げて見本を示すべきでは。
まぁ、さすがにこれは簡単には言えないけども。




最後に税金泥棒と言われる所以。


俺はコレに対しては公務員の立場が安定していることが問題ではないかと考えてる。
給料とかではなく、よっぽどでない限り首を切られないという点。

なんてたって、安定した生活を送れる給料を貰えて、社会情勢などによる首を切られる心配もない。
そして表向きは人の為と言えば聞こえはいい、こんな良い職業はないだろう。
だからこそいつの時代でも公務員は一定の支持があるのではないだろうか。


簡単にいえば、公務員の首を切れるようにするべきではないだろうか。


前述したようなぬるま湯が用意されているせいで、そこに長く浸かって、
「とりあえず」、「適当に」業務をすれば安定した生活を送れてしまう。

適当にやっていれば首を切られる可能性があるという現実があれば、気合をいれて業務に専念するだろう(多分)





終わりに、
公務員は世のため人のために働いているはずなのに、何故一番に批判されなければならないのだろうか。

俺達の税金で食ってるんじゃねーか!!とよく聞くけども、結局公務員であっても税金は払っている。
なにも税金を払っているのはそういう風にいう人達だけではない。

考えたことはあるのだろうか、公務員が働いているお陰でその自治体に住んで、暮らしていけているということを。


今ある幸せを当たり前と考えてしまった時点でそれは人として終わっていると思う。
今、自分が健康で暮らしていけていることをあたりまえだと思うな。
今、両親が生きていることをあたりまえだと思うな。
今、恋人と仲良く過ごせていることをあたりまえだと思うな。

今、公務員が人のために働いていることをあたりまえだと思うな。

別に公務員に感謝して過ごせって言ってるわけじゃないけどね。
ただ、今ある現実を当たり前と思ってしまったらダメだよ。
土地神話や原発神話が崩れ去ったようにね。何がおこるかわからないんだから。





一番に変えるべきはやっぱり、公務員としての自覚だと思う。
ぬるま湯が用意されてるんだもん、普通の人はそこに入るわ。

そんなぬるま湯こそ撤廃すべきなんだよ。
公務員自身の生活に関わる給料は運営の良し悪しに関わってくるけど、
公務員自身の首を切られにくいという安定性こそ変えていく必要があると思う。

まさにこういうところを行政改革していく必要があるのでは。コストなんかよりもね。



まぁ、そんな適当にやってる人なんて少ないんだろうけどもね。
なんとなくそう思ってしまうんだよ。最近の公務員の不祥事とかみると。
新潟県のヨウ素剤の購入を装ったやつとかね。正直アレはないね。

================================================

ここまで、無学の、一個人としてのただの駄文に過ぎないので
その辺はご考慮願います。

comment

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。